スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2017年10月26日

嗜好品はひかえめに(戸川利郎)

コーヒーや紅茶には、カフェインが含まれています。

これが眠気をさます働きをするわけですが、メラニン色素を刺激して色素沈着を起こさせるという説もあります。

科学的な証明はされていませんが、やはりとりすぎるべきではないと思います。

アルコール類をたしなむ女性が近年増えています。

特に若い女性には多いようです。

少量ならば精神をリラックスさせたり、食欲を増すなどの効果があります。

しかし、飲みすぎたり常飲したりすることは、肝臓障害の原因になるばかりでなく、皮脂の分泌が盛んになって脂性肌になったり、ほおや鼻の頭の毛細血管が拡張して赤ら顔、赤鼻になります。

また、ビタミンの消費量が増大するので、ビタミン不足の病状が生じます。

タバコはできるならば吸わないほうがよいでしょう。

肺に悪いばかりでなく、特に女性にとっては、流産、生理不順、不妊症の原因にもなることがあります。

戸川利郎
  


Posted by 戸川利郎 at 10:24戸川利郎